簡潔に

急性胃炎は胃の壁の粘膜に炎症が起こったもので、原因が取り除かれれば数日で軽快する。慢性胃炎は胃の粘膜に繰り返し炎症を起こした結果、胃液を分泌する胃腺組織の破壊、減少、消失がみられるもの。

詳しく

●急性胃炎

急性胃炎の原因で最も多いのが、暴飲暴食によるものです。カレー、コーヒー、香辛料などの刺激物をたくさんとった場合やアルコールの飲みすぎでも起こります。この他には解熱鎮痛剤、抗生物質などの薬も原因になることがあります。症状は、飲食の場合、数時間後から上腹部の痛みや重苦しさ、胸やけなどの症状がでます。薬の場合は直後から症状がでることがあります。
飲食や薬以外にも、精神的・肉体的ストレス、過労や睡眠不足などが原因となったり、細菌やウイルス性の疾患に合併して発病する感染性胃炎、魚介類を食べた時に起こるアレルギー性胃炎などもあります。
急性胃炎の場合は原因を除き、絶食を含む食事療法により数日で軽快しますが、改善がない場合は胃潰瘍や急性膵炎、胆石症などの他の原因を考える必要があります。

●慢性胃炎

慢性胃炎の原因は、いまだ確定的ではありません。炎症を繰り返す事で炎症が治る際に過形成や腸上皮化生などの変化が繰り返され、だんだん胃粘膜自体が萎縮し薄くなってしまいます。この萎縮には加齢現象という要素もあります。
胃の中にすむ
ヘリコバクター・ピロリの感染も、急性胃炎から慢性胃炎へ移行する原因になっていると推測されています。
慢性胃炎は、胃粘膜の状態により
  1. 表層性胃炎(胃粘膜表面で軽い炎症のある状態)
  2. びらん性胃炎(炎症により胃粘膜表面がえぐれた状態)
  3. 萎縮性胃炎
  4. 肥厚性胃炎(胃粘膜表面が正常より厚くなった状態)
​いぼ状胃炎
委縮性胃炎
と分けられます。そのうち一番多いのが萎縮性胃炎です。また、最近ではこうした分類とは別に、胃粘膜に何の異常も見られないのに慢性的に胃の不快症状を引き起こす、NUD(潰瘍のない消化不良)も見られます。
治療は粘膜をもとには戻せませんので、症状をとること悪化させないことが目的となります。内視鏡検査で胃の粘膜の状態を観察し、その状態に応じて胃酸の分泌を抑える薬や胃腸機能を調整する薬を使用し治療を行います。
慢性胃炎は内服をやめると再発することがありますので、自覚症状がなくなっても自己判断しないで、医師の指示のもと、きちんと薬の服用を続けましょう。
また薬だけでなく、規則正しい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心がけることが大切です。

急性胃炎・慢性胃炎