​内視鏡検査の注意事項

​胃内視鏡検査

予約時に申告していただくこと
薬のアレルギーのある方、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方、心臓疾患、緑内障、前立腺肥大のある方は必ず申し出てください。
検査前日
  • 食事制限はありません。ただし、夜9時以降は絶食です。
  • ​水、お茶、スポーツ飲料は飲んでいただいてかまいません。
​当日
  • 朝は絶食です。水は飲んできてください。
  • 高血圧、心臓病で内服治療中の方は朝6時ごろにお薬を内服してください。
  • ​糖尿病薬は服用しないでください。
  • ​検査時に麻酔薬を使用しますので、車の運転は終日できません。
  • ​お時間を、13時まで空けておいてください。

​大腸内視鏡検査

予約時に申告していただくこと
薬のアレルギーのある方、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方、心臓疾患、緑内障、前立腺肥大のある方は必ず申し出てください。
​検査3日前~
大腸内視鏡は検査3日前から食事制限があります。
食事OK・NGの例
OK
​大腸の検査を受ける前は、下剤を使って前処置をしますが、
大腸内に食べ物の残りかすが残っていると正確な診断ができません。
前処置の効果を高めるためには、
食物繊維と脂肪の少ない食事をとることが大切です。
​おにぎり
手巻きタイプの海苔は外します。五目、赤飯、ごま、海苔が直に巻いてあるものは避け、昆布などの具は除きます。
みそ汁
​キノコ類、ワカメ、ネギなどの野菜は残します。
ヨーグルト
果肉入りは避け、プレーンなものを。
​アイスクリーム
​脂肪が多く好ましくありませんが、食べるならプレーンなものを。ナッツや果肉入りは避けます。
うどん
ラーメンや蕎麦は消化が悪いため、麺類ならうどんに。ネギなどの薬味は加えません。
おかゆ
いろいろな種類がありますが、プレーンなものを。
蒸しパン
蒸しパンはチーズなどの入っていない、シンプルなものを。
メロンパン
調理パンやナッツ、レーズン、ゴマ、豆類などが入ったものは避けます。
NG
野菜、きのこ、豆類、海藻など、食物繊維の多いものや小さい種のある果物を避けてください。
​野菜
​ネギ、ホウレン草、キャベツ、白菜、トマト、ピーマン、キュウリ、カボチャ、ゴボウ、ニンジン、サツマイモ、大根
​果物
イチゴ、パイナップル、干し柿、キウイ、干しブドウ、果肉入りジュース
​キノコ
ワラビ、ゼンマイ、エノキダケ、シイタケ
​豆類
サヤインゲン、小豆、大豆
海藻・他
ワカメ、こんにゃく、寒天
​検査前日
  • 夜9時以降は絶食です。
  • ​水、お茶、スポーツ飲料は飲んでいただいてかまいません。水分はいつもより多めに摂取してください。
  • ​寝る前に下剤を2錠内服してください。
​検査前日のメニュー
​検査前日には、食物繊維の少ない、以下のメニューがおすすめです。
空腹感を感じたら、キャンディや清涼飲料水などで対処しましょう。

朝食

トースト、ポタージュスープ
コーンスープなど粒のあるものは避けます。もう一品増やしたいときは厚焼きたまご、目玉焼きなどの卵料理を。

昼食

うどん
うどんは具の入っていない素うどんがよく、ネギなどの薬味は入れないようにします。

​おやつ

アイス、プリン、ヨーグルト、お茶、紅茶、スポーツドリンク、実のないジュース、飴
水分はできるだけ多くとり、カスの残るジュース類は避けてください。

​夕食

おかゆ、みそ汁、冷やっこ、梅干しペースト
みそ汁には大根、ネギなどの野菜は入れず、冷やっこにもネギやかつお節等の薬味は使いません。もう一品加えるなら、具の入っていない茶碗蒸しなどを。
​当日
  • 朝は絶食です。水は飲んできてください。
  • 高血圧、心臓病で内服治療中の方は朝6時ごろにお薬を内服してください。
  • ​糖尿病薬は服用しないでください。
  • ​検査時に麻酔薬を使用しますので、車の運転は終日できません。
  • 来院後、2L程度の下剤を飲んでいただきます。
  • 検査日は帰宅時間が夕方になります。
​大腸の検査を受ける前は、下剤を使って前処置をしますが、大腸内に食べ物の残りかすが残っていると正確な診断ができません。
前処置の効果を高めるためには、
食物繊維と脂肪の少ない食事をとることが大切です。

​内視鏡検査の注意事項