大腸の壁が外側に突出し袋状になった状態が憩室です。40歳以上に多く上行結腸やS状結腸に多く見られます。 
ほとんどは無症状ですが、憩室が多いと大腸の癒着の原因となり、便秘や腹部の不快感の原因になります。また、便がつまることで細菌感染(憩室炎)を起こし、痛みや出血の原因となることがあります。
結腸憩室

大腸憩室症