簡潔に

胃ポリープは腫瘍(約10%が癌化と非腫瘍(癌化は極めてまれがある。胃のポリープの多くは、直ちに治療をする必要はないが、変化を見るために年1回などの定期的な検査受診がお勧め。

詳しく
胃ポリープは複数の疾患の総称であり、腫瘍性のポリープ非腫瘍性のポリープに分けられます。多くは非腫瘍性のポリープで年齢的変化で起こり、ほとんどは5mmくらいで成長が止まります。
自覚症状がほとんどないので、集団検診などで胃のエックス線造影検査を受け、その精密検査として胃内視鏡検査を受けた時や、胃炎や潰瘍など他の病気による症状があって胃内視鏡検査を受けた時などに偶然見つかるケースがほとんどです。
非腫瘍性ポリープには過形成性ポリープ、胃底腺ポリープなどがあります。癌化することは極めてまれで治療の必要はありませんので、通常は年1回などの定期的な検査を行って経過観察します。
まれに過形成ポリープであっても、大きい場合や数が多い場合には、じわじわと出血し貧血の原因になることがあります。他に胃の出口近くに有茎性のポリープがあった場合に、出口にポリープが嵌まり込み通過障害の原因となることがありますので、これらの場合には内視鏡的切除(ポリペクトミー)を行います。
腫瘍性ポリープ(胃腺腫)は頻度は低いものの半数は増大傾向があり、約10%は癌化すると考えられています。治療方針については未だ統一された見解は得られていませんが、癌化のリスクがあることと、癌との鑑別が必ずしも容易でないことから、内視鏡的治療も選択肢の1つとなります。ただし増大は緩徐なことが多いため、病変によっては定期的な経過観察が可能なこともあります。
過形成性ポリープ
​胃底腺ポリープ
胃のポリープの多くは、症状もなく癌との関係もありませんので直ちに治療をする必要はありませんが、変化を見るために年1回などの定期的な検査を受けられることをお勧め致します。1cmを越える大きさであれば、念のため内視鏡で取ることをお勧めします。

​胃ポリープ