西村胃腸科 福岡市中央区平尾 苦痛の無い胃カメラ・大腸カメラ検査 西鉄平尾駅ビル3階
福岡市中央区平尾2丁目5−8 平尾駅ビル3F Tel.092-523-6150
西村胃腸科の院長、西村政隆の挨拶 一般内科、内視鏡検査、予防接種、健康診断の案内 胃カメラ・大腸カメラ検査を受けやすい快適な環境でお待ちしています。 西鉄平尾駅より徒歩0分、バス停より徒歩1分、駐車場有、アクセス便利なクリニック 内視鏡専門クリニックの苦痛の無い内視鏡検査、麻酔を使用し眠った状態で検査を受けれます。 内視鏡検査やクリニックについてなど、よくある質問 内科・胃腸科の病気の解説 西村胃腸科サイトのホームに戻ります



病気について(大腸の病気)
HOME 病気について 胃の病気



胃ポリープ
胃ポリープ(胃底腺ポリープ)


胃ポリープ(過形成性ポリープ)

胃ポリープは複数の疾患の総称であり、腫瘍性のポリープ非腫瘍性のポリープに分けられます。多くは非腫瘍性のポリープで年齢的変化で起こり、ほとんどは5mmくらいで成長が止まります。
 自覚症状がほとんどないので、集団検診などで胃のエックス線造影検査を受け、その精密検査として胃内視鏡検査を受けた時や、胃炎や潰瘍など他の病気による症状があって胃内視鏡検査を受けた時などに偶然見つかるケースがほとんどです。

 非腫瘍性ポリープには過形成性ポリープ、胃底腺ポリープなどがあります。癌化することは極めてまれで治療の必要はありませんので、通常は年1回などの定期的な検査を行って経過観察します。
 まれに過形成ポリープであっても、大きい場合や数が多い場合には、じわじわと出血し貧血の原因になることがあります。他に胃の出口近くに有茎性のポリープがあった場合に、出口にポリープが嵌まり込み通過障害の原因となることがありますので、これらの場合には内視鏡的切除(ポリペクトミー)を行います。

 腫瘍性ポリープ(胃腺腫)は頻度は低いものの半数は増大傾向があり、約10%は癌化すると考えられています。治療方針については未だ統一された見解は得られていませんが、癌化のリスクがあることと、癌との鑑別が必ずしも容易でないことから、内視鏡的治療も選択肢の1つとなります。ただし増大は緩徐なことが多いため、病変によっては定期的な経過観察が可能なこともあります。

 胃のポリープの多くは、症状もなく癌との関係もありませんので直ちに治療をする必要はありませんが、変化を見るために年1回などの定期的な検査を受けられることをお勧め致します。1cmを越える大きさであれば、念のため内視鏡で取ることをお勧めします。




胃粘膜下腫瘍

胃の壁は、粘膜層、粘膜下層、筋層、漿膜層からなっています。胃にできる腫瘍は、胃の粘膜から発生したと考えられる上皮性腫瘍(いわゆるポリープや癌など)と、粘膜より深いところから発生した非上皮性腫瘍(粘膜下腫瘍)に大きく分けられます。
 粘膜下腫瘍には、筋原性腫瘍、迷入膵、神経性腫瘍、カルチノイド腫瘍、顆粒細胞腫、悪性リンパ腫、脂肪腫などいろいろなものがありますが、いずれも内視鏡検査の際は似たような形態をとります。

 粘膜下腫瘍は一般的にはあまり聞くことはない疾患だと思いますが、内視鏡検査では比較的みられることの多い疾患です。

 粘膜下腫瘍は粘膜の下に病変の主体があるため、通常の内視鏡のみでは、診断が難しいことが多く、これらの腫瘍の鑑別診断には超音波内視鏡検査(EUS)が有用です。

 症状はなく小さいものは良性であることがほとんどであるため、治療としては経過観察のみとなります。経過を見ていく中で大きくなってきた粘膜下腫瘍の場合は、悪性化を疑う必要がありますので、3cm以上のものや増大傾向のあるものに関しては超音波内視鏡検査等を行い、悪性が疑われる場合には手術が必要となります。



急性胃炎・慢性胃炎
慢性胃炎(びらん性胃炎)

慢性胃炎(疣状胃炎)

慢性胃炎(萎縮性胃炎)

 胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があります。急性胃炎は胃の壁の粘膜に炎症が起こったもので、原因が取り除かれれば数日で軽快します。慢性胃炎は胃の粘膜に繰り返し炎症を起こした結果、胃液を分泌する胃腺組織の破壊、減少、消失がみられるものです。

[急性胃炎]
 急性胃炎の原因で最も多いのが、暴飲暴食によるものです。カレー、コーヒー、香辛料などの刺激物をたくさんとった場合やアルコールの飲みすぎでも起こります。この他には解熱鎮痛剤、抗生物質などの薬も原因になることがあります。
 症状は、飲食の場合、数時間後から上腹部の痛みや重苦しさ、胸やけなどの症状がでます。薬の場合は直後から症状がでることがあります。
 
 飲食や薬以外にも、精神的・肉体的ストレス、過労や睡眠不足などが原因となったり、細菌やウイルス性の疾患に合併して発病する感染性胃炎、魚介類を食べた時に起こるアレルギー性胃炎などもあります。

 急性胃炎の場合は原因を除き、絶食を含む食事療法により数日で軽快しますが、改善がない場合は胃潰瘍や急性膵炎、胆石症などの他の原因を考える必要があります。

[慢性胃炎]
 慢性胃炎の原因は、いまだ確定的ではありません。炎症を繰り返す事で炎症が治る際に過形成や腸上皮化生などの変化が繰り返され、だんだん胃粘膜自体が萎縮し薄くなってしまいます。この萎縮には加齢現象という要素もあります。
 胃の中にすむヘリコバクター・ピロリの感染も、急性胃炎から慢性胃炎へ移行する原因になっていると推測されています。
 
 慢性胃炎は、胃粘膜の状態により @表層性胃炎(胃粘膜表面で軽い炎症のある状態)、Aびらん性胃炎(炎症により胃粘膜表面がえぐれた状態)、B萎縮性胃炎、C肥厚性胃炎(胃粘膜表面が正常より厚くなった状態)と分けられます。そのうち一番多いのが萎縮性胃炎です。
 また、最近ではこうした分類とは別に、胃粘膜に何の異常も見られないのに慢性的に胃の不快症状を引き起こす、NUD(Non-ulcer Dyspepsia:潰瘍のない消化不良)も見られます。

 治療は粘膜をもとには戻せませんので、症状をとること悪化させないことが目的となります。内視鏡検査で胃の粘膜の状態を観察し、その状態に応じて胃酸の分泌を抑える薬や胃腸機能を調整する薬を使用し治療を行います。
 慢性胃炎は内服をやめると再発することがありますので、自覚症状がなくなっても自己判断しないで、医師の指示のもと、きちんと薬の服用を続けましょう。
 また薬だけでなく、規則正しい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心がけることが大切です。



NUD、機能性胃腸症
ほぼ正常な状態の胃体部

 上腹部の痛みや吐き気、もたれ、胸焼けなどの慢性胃炎や胃潰瘍のような症状があるにもかかわらず、内視鏡で胃を観察しても胃粘膜に何も異常が発見されなかったり、発見されても症状とあまり一致しない方が多く見られます。
 このような状態をNon-ulcer Dyspepsia(潰瘍のない消化不良)あるいはFunctional Dyspepsia(機能性胃腸症)として、それぞれの症状に応じた治療を行うようになってきました。日本人の4人に1人は経験していると言われるほど多い疾患で、まずは胃内視鏡検査により潰瘍等の疾患を除外する必要があります。

 胃の不快な症状が4週間以上続き、検査で特に異常が認められず、貧血や体重減少がない場合に機能性胃腸症と診断され、症状によって以下のように分類されています。

@運動不全型
 機能性胃腸の6割がこの型で、もたれ、膨満感、食欲不振、むかつきなどの症状が中心となります。胃の運動機能が低下して、いつまでも胃の中に食べ物が残るため、もたれなどの症状が起こります。
 原因としては、不規則な食生活、食べ過ぎ、ストレスなどが挙げられます。また、薬の副作用として起こることもあります。

A潰瘍症状型
 この型は潰瘍ができたときの痛みに似た上腹部の痛みが主な症状となります。多くは、胃酸が出過ぎるために痛みが起きるのですが、その原因は運動不全型とほぼ同じです。  
 運動不全型の症状が出るか潰瘍症状型の症状が出るかは、患者さんによって異なります。症状に応じて胃酸を抑える薬や胃の運動機能を良くする薬を服用して治療しますが、食生活の改善やストレスなど精神的な原因に対しての対応なども重要となります。

 上記の要因により症状が出現するため、症状が繰り返し見られたり内服を長く必要とする場合も多くみられます。病気についてよく理解していただくとともに、症状の変化などを医師に伝え治療内容(内服薬)について相談しつつ治療を受けていただく必要があります。



胃潰瘍・十二指腸潰瘍
胃潰瘍

十二指腸潰瘍

潰瘍とは粘膜組織が欠損した状態のことをいいます。

 原因は、@不規則な生活や過剰な飲酒、ストレスなどにより胃・十二指腸内の攻撃因子(胃酸・ペプシンなど)と防御因子(粘液など)のバランスが崩れ、攻撃因子が強く働くことによるもの、AHelicobacter pylori(ヘリコバクター・ピロリ)の感染によるもの、B薬剤 : 非ステロイド性消炎鎮痛薬(頭痛薬、生理痛薬、風邪薬など)が原因となるものなど様々です。

 症状は主に心窩部痛、いわゆる胃痛となります。胃潰瘍の場合は食後、十二指腸潰瘍の場合は空腹時に胃痛が出現することが多いともいわれます。他にも悪心、嘔吐、胸やけなどがあります。また、出血(吐血、下血)や穿孔を合併することもあります。

 治療胃酸を抑える薬の服用が必要です。次に生活習慣の改善が必要です。まず過労やストレスを避けます。胃痛など症状のひどいときは、禁酒、禁煙また、胃酸分泌を促進する食べ物(焼肉、コーヒー、アルコール、強い香辛料など)をひかえます。脂肪性の食品や繊維の多い食べ物も、消化に負担がかかるので、避けるようにします。また食事時間が不規則にならないように注意します。
 再発を繰り返す患者さんは、ピロリ菌を除去(除菌療法)します。



ヘリコバクター・ピロリ菌

従来、胃の中は胃酸により強酸性(PH1〜2)であるため無菌と考えられていました。ところが1983年にヒトの胃粘膜からはじめてこの菌(H.pylori : ヘリコバクタ−・ピロリ)が分離されました。ピロリ菌はらせん状のグラム陰性桿菌で、4〜8本の鞭毛(極多毛)を持ち胃粘膜細胞と粘液中に生息しています。この菌は、ウレアーゼという酵素をだし、尿素をアンモニアと炭酸ガスにかえ、このアルカリ性のアンモニアで、強力な酸である胃酸を中和して胃の中に存在しているのです。

 日本では20〜30歳代で約30%40歳代で50%に上昇し、50歳代以上では70%の人が感染しており中高年で感染率が高くなります。発展途上国で感染率が高いことから、水を介した感染が疑われ、衛生環境と関係すると考えられています。

 胃炎で50〜70%、胃潰瘍で75〜90%、十二指腸潰瘍で80〜90%の患者さんで感染が見られます。ピロリ菌が持続感染した胃粘膜は、慢性萎縮性胃炎に移行することが確認されています。慢性萎縮性胃炎は胃ガンに進行する可能性の高いことから、ピロリ菌感染者は感染していないヒトに比べ2〜6 倍も胃ガンになりやすいとの報告があります。
 ピロリ菌が感染している場合、組織学的には胃炎がほとんどに見られますが、実際に潰瘍になる頻度は約 2%程度とかなり低くく報告されています。これはピロリ菌に感染しても無症状で過ごしている人が多いことを示しています
 胃炎や潰瘍とピロリ菌の関係は認められたものの、どのように胃粘膜が傷つけられていくのかはわかっていません。高い感染率にもかかわらず、一部の人にしか発症しない理由も不明で、今後の解明が期待されます。

ヘリコバクタ−・ピロリの検査法
内視鏡検査の際に行う@培養法 A組織検査 Bウレア−ゼ試験 と内視鏡検査がいらない@尿素呼気試験 A抗体測定があります。

ヘリコバクタ−・ピロリの治療法(除菌)
 除菌することで70%程度の人の潰瘍の再発が予防できると考えられています。除菌の対象となる人は、胃・十二指腸潰瘍の患者さんでピロリ菌に感染している人で2種類の抗生物質と胃酸分泌抑制剤の合計3剤を1日2回朝夕、7日間服用します。その後、潰瘍の治療の薬を数週間内服します。正しく内服することで80〜90%の確率で除菌が期待できます。
 除菌療法の主な副作用として@ 軟便、下痢 A 味覚異常 B 肝機能を表す検査値のAST(GOT)の変動、ALT(GPT)の変動 などが見られますが、特に症状が強くなければ、最後まで継続して内服してください。症状が強い場合は自己判断で中止せずに医師にご相談ください。



胃がん

癌の場合、病変の大きさ、深さ、細胞の種類など多くの要因により、治療法に違いがあります。内視鏡による治療や腹腔鏡による手術、新しい化学療法など、より侵襲が少なく治療成績の良い方法を求めて、絶え間ない努力が続けられています。直接お会いして説明すべきことであり、ここで簡単に述べるべき分野ではないと考えています。


Copyright (c)2006-2009 NISHIMURA CLINIC All Right Reserved.